アプリについて

現在スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンのアプリケーションもリリースが盛んになっています。それらに伴い、売買・M&Aのニーズが増えています。現在主流になっているのは、iPhone、iPadのApp Storeに登録されているアプリ、AndroidのGoogle Play上の登録されているアプリの2種類になります。

アプリには、以下のような種類のアプリがあります。

ゲーム系アプリ

ソーシャルゲーム系アプリ

ツール系アプリ

業務系アプリ

売買・M&A時の評価ポイントとすると以下の様な評価ポイントになります。

総ダウンロード数

アクティブ率

売上/利益

アプリ内のPV数

スマートフォン市場は今後の広がりが期待出来るプラットフォームのため、他のものと比べると高い評価が期待出来ます。また、譲受・買収する側のニーズとすると、買収後単に運営をし続けていくという企業だけだけでなく、デザインを変えて出し直す企業や、デザインのみが欲しい企業など他の案件に比べ、様々なニーズがあります。