サービスService

譲渡をご検討の方へ

Webサイト、Webサービスの運営・維持には、人件費、機材購入費、サーバー維持費など色々なコストがかかります。こららのサイトを運営していく上で以下のような様々な課題が出てきます。

これらの課題を抱える上で、サイト閉鎖という選択肢の他に、サイト/サービス売却、事業譲渡という選択肢があります。サイト/サービスを単純に閉鎖すれば、サイト/サービスを利用しているユーザーに影響を与えるだけなく、それまでに投資した資金・ノウハウなどすべて失うことになります。サイト/サービス売却、事業譲渡には様々なメリットがあります。

サイトを維持することができる

生活の変化、事業戦略の変化などにより、どうしてもサイトを手放さなければならない時があります。 ただ、サイトに利用ユーザーがついているとサイトを閉じるということがなかなかできません。 また、企業だと、サイト閉鎖によるレピュテーションリスクのおそれがあります。 サイト売却では、サイトの維持を行う事ができ、ユーザーにほぼ影響を与えることがありません。

サイトを現金化することができる

サイト売却により、サイト収益の数ヶ月分から数十ヶ月分を売却によって得ることができます。 サイト購入者は様々なニーズがあり、ニーズに合致したオファー金額を提示します。 これらの提示価格は、サイトの収益、業界のシェア拡大、ユーザー獲得コストなどを元に提示するため、 高額となるケースも数多くあります。 これらの売却資金を使い、新たな事業や既存事業への投資も行うことが出来ます。
※企業のM&Aにも対応

サイト/サービスを譲渡する上で、次のような問題点が出てくることがあります。

コアなサイト/サービスのため、売却することは会社ごと譲渡することになってしまう

子会社で行なっているサイト/サービスのため、会社ごと譲渡したい

サイト/サービス売却や事業譲渡になると、許可や免許等の変更手続きが煩雑になる

サイトトランスファーでは、会社のM&Aであってもお手伝いします。
また中小のIT企業に特化しているため、きめ細かいサービス提供が可能です。

「会社を譲渡した後、引継ぎのみ行い他企業の経営に集中したい」

「会社を譲渡した後もある程度運営に関わっていきたい」

従業員に関しても、基本的には全員引き継がれ、処遇も当面の間は従来通りというケースが一般的です。取引先にも迷惑をかけない形で譲渡を行うことが可能です。代表取締役の処遇なども引き継ぎ先と相談して決定していくことになります。

サイト売却の流れ

サイトトランスファーへのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
「いくらぐらいでサイト売却できるのか?」
「サイト売却を急いでいる」
「オファー価格次第なら売却を検討する」
など具体的でなくても構いません。サイトトランスファーより折り返しご連絡させていただきます。(費用など一切掛からず、無料です。)

提携仲介契約の締結

当社の提携仲介サービスの内容やその対価についてご説明させて頂きます。
内容に問題ないようでしたら契約締結させて頂きます。

サイト詳細の開示

売却希望サイトに関するアクセス数・収益・ドメイン概要など開示していただきます。
売却希望サイトの詳細情報をサイトトランスファー上に「開示する」、「非開示とする」のいずれかを選ぶことができますので、望まない形でサイトの詳細情報が外部に漏れる心配はありません。

評価金額の提示

頂いた資料を精査し、売却の目安となる金額を提示させて頂きます。

概要表の作成/サイトトランスファーへの掲載

頂いた資料を元に、弊社で概要表を作成します。
またサイトトランスファーへの掲載に了承頂いたものは、掲載させて頂きます。

買収候補先企業との交渉

買収金額、譲渡条件などの詳細条件を決定していきます。
サイトトランスファーより他社事例などのアドバイスをさせて頂きます。

売買契約書の締結

売却希望先と条件面の折り合いがついた場合、サイトの売買契約の締結を行います。
売買契約書の雛型をご用意しておりますので、初めての取引でも安心してお取引して頂くことができます。

移管作業/引継ぎ

売買契約締結後、サイトドメインの切り替え、サーバーの移管など行って頂きます。
サイトトランスファーではエスクロー決済サービスを用意しているため、安心して取引することができます。

エスクロー決済サービス

サイト売買には、売買契約締結から譲渡の受け渡しまでタイムラグがあるケースが一般的です。これらのタイムラグによるデメリットを解消するため、第三者機関 に売買代金を信託することより、売り手・買い手双方にメリットがあるエスクロー決済サービスを提供しています。サイトトランスファー経由で売買を行う際は無料で利用することができます。

事業提携先:株式会社日本エスクロー信託(神奈川県横浜市 代表取締役 山越 繁)

売り手側のメリット:信託時に先方の資金を把握することができるため、資産を譲渡したのにもかかわらず、売買代金が振り込まれないなどの懸念点を担保することが出来ます。

買い手側のメリット:譲渡時に瑕疵が見つかった、譲渡前にヒアリングをしていた内容と譲渡資産が異なるなどの事由などにより、譲渡資産が引き渡されなかった場合、売買代金は買い手側に返還されます。

サイト売買後のフォローについては別途お見積りをご提出させていただきます。